生産者インタビュー

静岡県在住 西本さんに聞きました。

Q1
何をどれくらい栽培されていますか?

茶(品種:やぶきた、栽培面積:300a)

Q2
使用方法を教えてください。

希釈倍数は1,000倍。散布量は350L/10aで散布方法は動力噴霧器です。使用時期は6月上旬です。混用薬剤はコルト顆粒水和剤(2000倍)、オンリーワンフロアブル(2000倍)です。

Q3
本剤の良いと思ったところはどこですか?

混用性です。

Q4
ハダニ類への効果を今までの殺ダニ剤と比較してどう思いましたか?

同等程度だと思います。

Q5
作物への安全性を今までの殺ダニ剤と比較してどう思いましたか?

同等程度だと思います。

Q6
天敵類への安全性を今までの殺ダニ剤と比較してどう思いましたか?

優れていると思いました。

Q7
殺ダニ剤に最も必要と考える特性は何ですか?

残効性と速効性です。

Q8
コメントがあればどうぞ

ダニサラバの長所は混用性が良いのと、収穫前7日なのが使いやすいです。
天敵への影響を加味しつつ、カンザワハダニへの効果も重視しています。
島田の伊久美地区では、霜が降りるとカンザワハダニが増加する傾向があるため、予防的な散布として使用しています。
臭いが無く、周囲への影響も少ないのもメリットです。

その他の生産者の方々

ページトップへ